新学年スタート!それぞれの目標に向けて頑張っていきましょう!

ジュニアオリンピックU16in愛媛 お疲れ様でした!

ジュニアオリンピック 小黒那奈 石川遥斗

2名とも決勝に進出

10/20(金)と10/21(土)に行われたジュニアオリンピックですが、以前に紹介させていただいたように男子1000mに石川遥斗、女子1000mに小黒那奈が出場しました。

20(金)に行われた予選では、那奈は女子1組、遥斗は男子2組に登場しました。2人ともレース展開としては似ている感じでしたが、序盤は後ろにつけてラスト400mや200mから出し切るというレースでした。今回のジュニアオリンピックでは着順ではなくすべてタイムで決勝進出が決まるので、順位よりもタイムが重要な予選となりました。そんなレースでしたが2人はとても冷静だったと思います。狙い通り最後に追い上げて2人とも決勝に進出となりました!これで2人ともベスト16確定ということになりました!ちなみに2人とも公式記録の1000mではベスト更新です!この舞台でのベスト更新もすごい!

そして21(土)には決勝が行われました。本当に全国のTOPの選手だけが立つことができる決勝のスタートラインに、那奈と遥斗が立っているということだけでとんでもないことです。そうして行われた決勝も、結果は2人とも15着という順位で終了。やはり全国TOPの壁は高かったのかもしれません。タイム的に悪いタイムではないと思いますが、全国の舞台で勝つにはもう少し何かが必要だったんだと思います。

ただ、全然悲観的になる結果ではなく、ジュニアオリンピックに出場することすら難しいことで、そして決勝に出場したことは一生自慢できることです。2人は石川走友会だけでなく栃木県・茨城県の代表として立派に走ってくれました。スピードメインで強化してきた2人も、これからまた駅伝などの練習をして更なるパワーアップが期待できます。

2人には笑顔で胸を張って帰ってきてもらって、また一緒に練習をしていきたいと思います。2人とも本当にお疲れ様でした!そしてありがとう!

ジュニアオリンピック結果サイト

佐野市中学駅伝でも大活躍

同日10/21(土)には佐野市で中学駅伝が行われました。先日行われた下都賀地区の中学駅伝でも区間賞含め多くの選手が活躍してくれましたが、佐野市の駅伝でも大活躍してくれました。

中学駅伝 佐野市
中学駅伝 佐野市
金原埜乃

女子はどの区間でも2km以上、男子はどの区間でも3km以上という長い距離を走る佐野駅伝ですが、走り慣れない長距離でもみんな頑張ってくれました。女子4区でヒヨリ女子5区でノノが区間賞をとり、男子も区間上位がたくさん出る活躍でした!新人戦などもあったので石川走友会としてはまだそれほど本格的に駅伝対策の練習をしておりませんが、今後の練習をして更なる実力アップが期待されます!

もちろん石川走友会以外の選手たちも、普段とは違ってタスキの重みを感じながら必死に次の区間につなげようと頑張っていました。トラックレースとは違う楽しみがあり、違った感動があるのも駅伝のいいところですね。

県大会出場を決めた学校の皆さんおめでとうございます!県大会でも頑張ってください!

よく読まれている記事

  • URLをコピーしました!
目次