目標達成に向けて全員でスピード強化!!

20240512サムネイル

今日もいつも通り練習会を実施!監督が普段の仕事のため今日は練習会は欠席でしたがマネージャーを中心に練習会を実施。栃木県の小山市栃木市下都賀地区の中学生は、支部大会のためいませんでしたが、それでも大人数となった練習会でした。

目次

全員スピード強化で神メニュー

監督は不在でしたがメニューや組分けはしっかりとしており、マネージャーが発表しそれぞれに分かれて練習。動きづくりからラダーミニハードルを終えて本練に入りました。トラックはスピードが大事というのが石川走友会の考え方になりますので、全中標準や通信標準などの目標達成に向けて各組に分かれて神メニューを実施しました。300mを全力に近いスピードで走るメニューですので、スピード強化が必要な中学生などに向いているメニューだと思います。300mだと厳しい人は200mでもいいと思います。ただ全力に近いスピードで走るため怪我のリスクも伴いますので、終わった後のダウンジョグやストレッチなどもしっかりと実行して怪我をしないように注意しましょう。

石川走友会には生徒がたくさんいますが、メインとなる中学生の目標も様々。全中で表彰台を目標とする選手、全中標準を切り全中に出場することが目標となる選手、県大会で入賞することを目標とする選手、県通信記録を突破し県の通信陸上本選に出場することが目標の選手、自己ベストを更新することが目標の選手。目標は本当に人それぞれ違いますが、みんながそれぞれの目標に向かい真剣に取り組んでいるので、怪我をしないように頑張ってもらって、まずはベストの状態で大会に臨んでもらいたいと思います。

20240512サムネイル
YouTube動画は画像をタップ(クリック)

各地の高校総体や中学支部大会でも活躍

同じく5/12(日)に行われた栃木県南地区の3支部合同陸上大会も行われ、多くの選手が出場しました。ベストを更新したり目標を達成する選手も続出する中、ランが800m2分15秒01という全中標準を突破する好記録を出しました。ここにきてしっかりと調子を上げてきていますので、通信陸上や総体も楽しみだと思います。
思った通りに走れなかった選手もいると思いますが、ここからまたしっかり練習して、次の機会に目標を達成できるように頑張っていきましょう!

また高校生もカンセキスタジアムで栃木県高校総体に多くの選手が出場しています。800m、1500m、3000m、3000mSC、5000mなどの種目に多くの石川走友会関係の選手が出場。まだ明日の13日まで大会は続きますが、すでに多くの選手が北関東大会への出場を決めました。出場する選手おめでとうございます!また13日に行われる男子800m決勝、女子3000m決勝、男子3000mSCにも複数の選手が出場しますので、頑張ってもらいたいと思います!

栃木県高校総体速報サイト

その他関東近県や福島県でも高校生が活躍しています。地区予選から始まっているところもあり多くの選手が地区予選を突破し県大会への出場を決めています。今後もまだまだ大会は続きますが、ライバルたちもみんな頑張っていると思いますので、決して簡単な道ではないと思いますが、インターハイ本選出場に向けて頑張ってもらいたいと思います!

よく読まれている記事

  • URLをコピーしました!
目次