新学年スタート!それぞれの目標に向けて頑張っていきましょう!

学年最後の赤シャツカップに向けて!!

20240324サムネイル

今日もいつも通り練習会は行われました。前週にはいろいろなところで大会や記録会があり、今シーズン一発目のレースに出場した選手たちも多かったですが、多くの小中学生パパママが参加し、今日も大人数での練習会となりました。

目次

注目は監督vs中学男子

月末には赤シャツカップが行われていますが、昨年から年度最後の赤シャツカップは監督も参戦し、中学男子と戦っています。昨年は1000mのチャンピオンシップという形で行われましたが、今年は3000mで対決する予定。希望者と監督が3000mで対決する予定です。以前の動画でも3年男子ソウマに対するプレッシャーをかけていますが、監督自身もプレッシャーを感じていることかと思います。力的には中学男子と監督は近いと思いますので、誰が勝っても僅差になるのではないかと思います。まずは、しっかりと体調を整えて、いい戦いをしてこの学年を終えてもらえればと思います。

そのほかの選手たちは赤シャツカップがメインとなると思いますが、中学3年生はひとまずラストチャンスとなり、小学6年生は中学生になると、設定タイムが上がるので難易度が上がってしまいます。そのためこの1回に集中して挑戦する人も多いのではないかと思います。2月の赤シャツカップでは3名の石川走友会標準タイムをクリアした選手がいましたが、今月は何名出るのか見ものです!(3000mで監督と対決する選手は、監督に勝利することで赤シャツをゲットすることができます)

学年最後の練習会となりますので、赤シャツ持ってる人はみんな着てほしいなーって勝手に思ったりしてます(強制はありません)。

練習は1000mと200mが中心

動画にも出ていますが、中学男子の多くは1000m中心とした練習になり、一部の男子と女子、小学生は200mをメインとした練習になりました。200mはスピードを強化し1000mを速くすることが目的です。この練習は久しぶりだった分、いつもとは違った疲れが出た選手も多かったのではないかと思います。


前週は各地で記録会

埼玉県や栃木県を中心に、20日や23日はいろいろなところで記録会が行われました。久しぶりのレースとなり、いきなりいいタイムを出すのは難しい状況でもあったかもしれませんが、そのタイムを基準にこのトラックシーズンの強化を図っていければいいかと思います。3年生は中学生最後の記録会という選手も多かったと思います。土曜日は天候も安定しない日でしたが、みんなよく頑張ってくれました。

30日やその後の4月にもいろいろと春の記録会や大会が続いていますが、しっかり照準を絞って、練習が事前調整ばかりにならないように、しっかりと目的をもって出場してもらいたいと思います。

20240324サムネイル
YouTube動画は画像をタップ(クリック)

よく読まれている記事

  • URLをコピーしました!
目次